愛知県での新型コロナウイルス陽性者数からの分析結果

愛知県では7月1日から7月5日まで感染者がゼロとなりました。
そこで、本サイトによる分析では6月30日までを愛知県第1波、7月6日以降を愛知県第2波とします。

愛知県世代別陽性者数

愛知県第1波(6月30日まで)
愛知県第2波(7月6日以降)
10歳未満男子:0人
10代男性:0人
20代男性:0人
30代男性:0人
40代男性:0人
50代男性:0人
60代男性:0人
70代男性:0人
80代男性:0人
90代男性:0人
合計:0人
10歳未満女子:0人
10代女性:0人
20代女性:0人
30代女性:0人
40代女性:0人
50代女性:0人
60代女性:0人
70代女性:0人
80代女性:0人
90代女性:0人
合計:0人
10歳未満男子:0人
10代男性:0人
20代男性:0人
30代男性:0人
40代男性:0人
50代男性:0人
60代男性:0人
70代男性:0人
80代男性:0人
90代男性:0人
合計:0人
10歳未満女子:0人
10代女性:0人
20代女性:0人
30代女性:0人
40代女性:0人
50代女性:0人
60代女性:0人
70代女性:0人
80代女性:0人
90代女性:0人
合計:0人

愛知県第1波 男性:女性 = 0 : 1 / 愛知県第2波 男性:女性 = 0 : 1

データー取得日:

愛知県第2波の日別陽性者数の傾向

日付 男性 女性 合計
10歳
未満
10代 20代 30代 40代 50代 60代 70代 80代 90代 10歳
未満
10代 20代 30代 40代 50代 60代 70代 80代 90代 合計
10歳
未満
10代 20代 30代 40代 50代 60代 70代 80代 90代 10歳
未満
10代 20代 30代 40代 50代 60代 70代 80代 90代 合計
男性 女性 合計

愛知県第1波の日別陽性者数の傾向

日付 男性 女性 合計
10歳
未満
10代 20代 30代 40代 50代 60代 70代 80代 90代 10歳
未満
10代 20代 30代 40代 50代 60代 70代 80代 90代 合計
10歳
未満
10代 20代 30代 40代 50代 60代 70代 80代 90代 10歳
未満
10代 20代 30代 40代 50代 60代 70代 80代 90代 合計
男性 女性 合計


愛知県世代別陽性者数のデータから分かったこととそれについて推測します。

第1波の陽性者数は世代別でほぼ均一であるのに対して、第2波は世代でばらけている。特に20代から50代の増加が異様。
推測:
感染防止対策を徹底した世代とゆるめた世代がいることになる。 徹底した世代を見習えば終息に向かうはず。

■第1波、第2波共に合計では男性の方が陽性者が多いことが分かります。
推測:
男性の方が社会活動で人と接することが多いからか、女性の方が男性より感染症に対する免疫力が高いからでしょう。

■男女比は第1波では男性:女性は1.27:1、第2波では8月6日には1.44:1と第2波では男性の陽性者の増え方が大きいことが分かっていた。 そして8月25日には1.302:1となり緊急事態宣言の間に男性の増加率が減ったことが分かる。8月6日以降は1.145:1と顕著に男性の増加率が下がった。
推測:
特に男性用の飲食サービスなどの自粛が重要など男性に感染拡大防止を強く呼びかける必要があるのでしょう。 緊急事態宣言でそれができたのでしょう。緊急事態宣言解除後にまた男性の増加率が上がることが危惧されます。

■第2波で20代から60代までは男性の方が女性より陽性者が多いのに、
10代では女性の方が男性より陽性者が多い。

推測:
この世代では女性の方が社会活動が旺盛。
10代女子が学校以外での活動を自粛していただきたい。

■第2波では10代の陽性者数は20代から50代より少ない。第1波でも10代の陽性者数は他の世代より圧倒的に少ない。
推測:
10代の多くは学生であり、公共交通機関も利用するし、学校に集まり人と接するが、 それらでの感染拡大防止策は比較的うまくいっていると思われる。
感染していても10代だと免疫力が高く無症状のため検査されていないと考えると、 では20代でも免疫力は高いはずなのになぜ感染者数が多いのかということになります。 したがって、学校と公共機関の感染拡大防止策がうまくいくなら20代から50代の通う職場でもできるはず。

70代は人口が最も多いにも関わらず陽性者は少ない。
推測:
活動を自粛すれがコロナウイルス拡散は防げる。
交差免疫による可能性はあるが、70代以降は死亡リスクが高いため安易に油断はできない。

8月6日の時点では10代以下や60代以降の世代はコロナウイルスの拡散は防げているように見えました。 10代は陽性者がそんなに多くないのだから、公共交通機関のせいではない。学校のせいでもないのだから職場のせいでもないのだろう。 つまり、経済を止めなくても感染は防げるはず。 20代から50代の人たち特有の習慣がコロナウイルスを拡散している。 経済を止めなくてもその特有の習慣さえやめていただけば拡散は防げる。 緊急事態宣言が終わった後、20代から50代の人たち特有の習慣を再度はじめたらまた拡散することは間違いない。 その習慣を明確にし、そこへピンポイントで対策を打つべきではないだろうか。 20代から50代特有の習慣についての推測ですが、昼食の外食、仕事終わりの外食、仕事で県外への出張、飲食店での仕事の打合せではないだろうか。 これらは10代以下や60代以降の世代はほとんどしないと思われます。

8月6日以降、20代から50代の陽性者の増加は減っていったものの60代以降は逆に増えているという、 非常に危険な状態にあると言えます。高齢者は重症化のリスクが高く、入院期間も長く医療機関をひっ迫させる可能性も高い。 高齢者施設でのクラスターとの報道もあります。 これまで非常に強固なコロナ対策が功を奏していた愛知県の高齢者施設ですがどうしたのでしょうか。 この点に対する政治的、経済的措置も必要じゃないでしょうか。 本格的な対策がまだまだ必要と思います。8月24日に緊急事態宣言の解除を機に20代から50代が増え始めないように強固な対策をお願いしたいです。



愛知県世代別陽性者数8月6日(緊急事態宣言)前後

愛知県第2波(8月6日まで)
愛知県第2波(8月6日以降)
10歳未満男子:0人
10代男性:0人
20代男性:0人
30代男性:0人
40代男性:0人
50代男性:0人
60代男性:0人
70代男性:0人
80代男性:0人
90代男性:0人
合計:0人
10歳未満女子:0人
10代女性:0人
20代女性:0人
30代女性:0人
40代女性:0人
50代女性:0人
60代女性:0人
70代女性:0人
80代女性:0人
90代女性:0人
合計:0人
10歳未満男子:0人
10代男性:0人
20代男性:0人
30代男性:0人
40代男性:0人
50代男性:0人
60代男性:0人
70代男性:0人
80代男性:0人
90代男性:0人
合計:0人
10歳未満女子:0人
10代女性:0人
20代女性:0人
30代女性:0人
40代女性:0人
50代女性:0人
60代女性:0人
70代女性:0人
80代女性:0人
90代女性:0人
合計:0人

8月6日まで 男性:女性 = 0 : 1  /  8月6日以降 男性:女性 = 0 : 1



愛知県第2波の日別陽性者数の傾向のデータから分かった。(8月8日に考察)

始めに20代の陽性者が増え、それに続いて30代陽性者が増えていき、40代50代へと拡散していったように見える。

愛知県第2波は愛知県第1波とは比べ物にならないほど急速に新型コロナウイルスが愛知県内で拡散していることが分かります。 しかし緊急事態宣言により拡大を減らせるのです。





以下、制作中。
(第2波)場所別

分析:みらいネットサーブ 責任者:橋本真典
連絡先:info@mirainet.biz
主な運営サイト:
買場ショッピングモール | 買場ショッピングモール2.0